信楽焼 火鉢 生子15号(45cm)(火ばし穴あり)(少し難あり)+ 灰炭セット(木灰12L+底砂ひゅうが土9L(約5.5kg)+特級品の小割れ(鞍馬炭)6L(約1.6kg)+黒炭(京の炭 鞍馬炭特級品)3kg 【送料無料】

通常価格:¥ 29,040 税込

¥ 29,040 税込

加算ポイント:528pt

商品コード: HB-037

数量




大きさの比較

 
左より10号、11号、13号





信楽焼植木鉢 商品解説
品名 火鉢 信楽焼 生子15号 (少し難あり)+ 灰炭セット(木灰12L+底砂ひゅうが土9L(約5.5kg)+特級品の小割れ(鞍馬炭)6L(約1.6kg)+黒炭(京の炭 鞍馬炭特級品)3kg
品番 -
用途 暖房・湯沸かし等
大きさ 基本 直径約45cm 高さ- 重量-
特徴 下記、別記参照
お送りする商品につきまして 1.火鉢本体は産地直送です。
2.おつけいたしますサービス品につきましては、弊園より発送いたします。
3.火鉢本体は「少し難あり」の商品です。焼きムラ等が発生しておりますので、お送りする火鉢は本来「現品」扱いなのですが、お客様のご要望がございます場合は、そのお送りする現品の画像をお送りいたします。ご遠慮なくお申し付けくださいませ。
4.お付けいたしますサービス品
・ひゅうが砂 9L
・灰(木灰) 6L×2袋
・小割れ 鞍馬炭 3L
・炭 京の炭 鞍馬炭 特級品 3kg

送料に関して 北海道、沖縄は別途料金が必要です。
火鉢との同梱は、火鉢以外にも園芸資材・植物も同梱可能な場合は受注させていただきます。
但し陶器製の鉢は「われもの」につきまして、輸送中の破損事故が考えられます。御注文の内容によってはその組み合わせに同梱不可な商品及びメーカー直送の場合もございますので詳しくはメールにてお尋ねください。





過去の販売例



































































園主の日記 2019年12月6日 火鉢に炭を入れました。

朝夕冷えてくる日々の生活。火鉢と炭を販売している手前、京ことばでいう「火をおこして見ました」


台所にて「火起こし」に鞍馬炭特級品の「小割れ」を使い、火をおこして見ました。本来なら「からげし」といわれるその昔なら一般家庭でできる炭が着火用に使われたのですが、今や入手困難な時代です。それにて安価な鞍馬炭の小割れを使用することに。


数分にて小割れの炭によく火がおこった状態になりました。ガスレンジの炎は常に弱火でしたが、着火そのものは簡単です。


その後、火起こしに数分間置き、火鉢に種火として移した小割れです。


火鉢には昨今見られなくなった藁灰(わら灰)を使用。この稲藁は大原野一帯の田んぼの稲を収穫時に入手。弊園にて焼いた自家製です。


そして鞍馬炭の本炭を上に乗せます。


数分にて炭がよくおこってきました。


その炭に灰をかけ空気を遮断。こうすることによって使用目的以外に火鉢に火を入れた場合、その火を長時間持たせる工夫をいたします。朝9時30分頃に火をおこし、10時頃の事。


午後2時頃の炭のおこった状態です。


灰を少し取り除いた状態ですが、午後4時30分頃の炭の様子。大体燃えつきてきました。本来であれば次々と炭をたして行くのですが、今回は試験的な炭の火おこしですので、炭はたしません。


午後5時 炭を広げまして、残っている状態を見ました。種火である小割りが見られます。朝9時30分頃より午後5時頃まで炭に火はついております。火鉢を使用していたその昔、炭火を長持ちさせる工夫を色々としたものです。











【鞍馬炭 特級品について】 2018年12月1日 炭を求めて京都市最北端 広河原を行く





【信楽焼の歴史】
日本六古窯の一。滋賀県甲賀郡信楽町。その創始は太平時代に遡り、隣接の伊賀丸柱焼と関係があったとも
伝えられる。信楽では古くから種壷などの農具や雑器を焼き、これを古信楽という。
室町時代になって茶道が盛んになり、武野紹(たけのじょうおう)や千利休が指導して上手の茶器をつくらせた。
いわゆる紹信楽、利休信楽、遠州信楽である。


【信楽焼の特徴】  
信楽焼の特徴は長石の混じった胎上で、焼け縮みが大きい。肌は一般に赤茶色、時に長石の溶けた乳白班が入る。
元来無釉の焼締だが自然の灰釉がふりかかり、後代には調合した灰釉を用いた。大半は無銘。
ロクロ台にはさみ込んだ日本の桟跡を足駄印と称し、窯印に代用した作もある。
盆器としては大物〜超大物の培養鉢も有名。
「近代出版発行 盆器大図鑑上巻」より引用




信楽焼につきましては、

 ■ 信楽焼 窯元めぐり
 ■ 信楽焼 陶芸の森

 ■ 信楽焼 窯跡
 ■ 古信楽 鑑賞のために
 ■ 信楽焼 さや(匣鉢)
 ■ たちざや(立匣鉢)つぎざや(継匣鉢)

でも紹介しております。





■山野草入荷情報はこちら  ■(有)日本山草 山草展はこちら  ■日本盆栽組合他 盆栽展はこちら
■低額注文手数料について

商品代金1,099円(税込)以下のご購入の場合、低額注文手数料330円を申し受けます。
ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。


■送料について

【送料表】
サイズと重量 北海道 東北 関東〜九州 沖縄
80cm以内 2kg以内

1,540円

880円

660円

1,650円

100cm以内 10kg以内

1,540円

990円

880円

2,420円

140cm以内 20kg以内

2,200円

1,100円

1,100円

3,520円

160cm以内 25kg以内

2,200円

1,100円

1,100円

4,070円

160cm超 25kg超

別途お知らせいたします。



●商品全般
7,000円(税別)以上のお買い上げで【1梱包 送料無料】となります。
・弊園発送商品の合計が対象となります。(産地直送等は除く)
・値引き発生時は適用後の金額が対象です。
②植物、園芸資材を問わず適用されます。(一部、京楽焼植木鉢等除く)
③北海道・沖縄の方は通常料金との差額をお支払いいただく事になりますのでご了承ください。(下記参照)

《北海道・沖縄の方の送料表》
①7,000円(税別)以上のお買い上げで1梱包の送料です。
サイズと重量 北海道 沖縄
80cm以内 2kg以内

660円

770円

100cm以内 10kg以内

660円

1,540円

140cm以内 20kg以内

1,100円

2,970円

160cm以内 25kg以内

2,200円

4,070円

160cm超 25kg超

別途お知らせいたします。


●信楽焼 睡蓮鉢
3,000円(税別)以上のお買い上げが対象となります。
※値引き発生時は適用後の金額が対象です。
②北海道、沖縄は別途送料(上記の表と同様)のご負担が必要となります。
③プレゼント付きの商品はプレゼントのみ弊園からの発送となります。(送料無料)
他の商品の同梱も可能です。(ただし、160cm以内、なおかつ25kg以内に限ります。)
※但し、このサービスは北海道・沖縄よりご注文の場合は適用されませんのでご了承願います。

●植木鉢
7,000円(税別)以上のお買い上げが対象となります。
※京楽焼は対象外となります。
②北海道、沖縄は別途送料(上記の表と同様)のご負担が必要となります。
③植木鉢との同梱は、植木鉢以外の園芸資材・植物等も同梱可能な場合は受注させていただきます。
陶器製の植木鉢は「われもの」のため、輸送中の破損・事故が考えられます。ご注文の内容によっては
その組合わせに同梱不可な商品及びメーカー直送の場合もございますので、詳しくはメールにておたずねください。

●京楽焼 植木鉢
※窯元(愛楽園)直送の商品は、送料1300円(1梱包160cmサイズ以内)となります。
北海道・沖縄は別料金です。
20,000円(税別)以上のお買い上げで1梱包送料無料となります。


■代引手数料について

【代引手数料表】
商品価格合計 代引手数料
1〜3,299円

330円

3,300円〜7,699円

220円

7,700円〜

無料